ロープブランコ工法とは?

ロープブランコ(無足場工法)とは、建物の屋上からロープでぶら下がり工事を行う工法です。クライミング技術を発展させた技術で、欧米ではRope Access(ロープアクセス)工法と呼ばれています。代表である私(梶原)は、このロープブランコ工法で、個人オーナー物件、マンション管理組合、管理会社、大手ゼネコンのシーリング防水を28年、タイル工事全般を10年経験して参りました。引っ張り強度2t以上のロープを使用し、吊り元は長年の熟知した場所から専用道具で降りているため、安心・安全な作業が可能です。足場を作らず作業ができる為、工事費を大幅にコストカットでき、個人オーナー、ビルマンション管理組合様からも大変好評をいただいております。

  • 埼玉県和光市を拠点に関東近郊対応、外壁の事なら何でもご相談ください!
  • たった一か所の外壁コ―キングの劣化修繕のために、コストのかかる足場を組みますか?
  • 必要な個所を、足場を組まずにすぐに補修可能!
  • 足場を作る仮設工事費用を大幅にカット!ご予算に応じて丁寧に施工いたします!
  • 足場を組むよりも防犯面で安心
  • ゴンドラや足場の組めない狭い場所での作業もロープブランコなら対応可能!
  • 外壁の洗浄・塗装・タイルの貼り替え等で、マンション・ビルの資産価値も向上します!

サービス一覧

ロープブランコ工法とは?
各種工事
各種調査・メンテナンス

お気軽にお問い合わせください